植える

植林

組合員・森林所有者・公有林等から、伐採跡地にスギ・ヒノキ・広葉樹等の植栽を委託事業で実施し補助金申請・代理受領まで行います。
手続の際は事前に森林整備課担当者と打合せ下さい。

保育

下刈

植林後、概ね1年生から7年生まで下刈作業があります。雑草の生長が良い場所は、1年に2回の下刈を行います。
※補助金申請等植林に同じです。

枝打ち

節のない良質な木材、または病害虫から守るため枝打ちを行います。生長状況を確認しながら行いますが、10年生前に1回とその後2から3回必要です。

除伐

12年生前後と18年生前後の2回で、雑木・蔓等を刈払う作業があります。

保育間伐

25年生と30年生を目安に保育間伐(不良木等を切捨て間伐)を行います。

木材の利用

収入間伐

35年生以上になると収入間伐ができます。伐ってしまうと植栽が大変なので間伐を数回することで森林機能の効果が図られ、収益の確保ができます。
当組合は経費軽減のために集団間伐を推進するため、見積書を作成して間伐推進を行っています。(間伐アタック作戦を実施)

主伐

手入れの済んでいる森林は、45年生以上になれば伐採可能となります。依頼があったら見積書を作成して成立ができれば、委託・買取のどちらかの方法で契約し、事業を行います。

木材の販売

直送販売

合板材として、市内合板工場セイホク(株)、西北プライウッド(株)、石巻合板工業(株)へ販売。製材用として(株)山大等石巻管内製材工場へ販売。チップ用原木ダルマチップ工業(株)等へ販売。 (平成27年度出荷量14万m3)


製材工場


合板工場


チップ工場

木材及び木製品の販売

組合隣接地、中間土場において注文材の販売。事務所内にて造園用及び土木用杭各種、ストーブ用薪、合板各種販売。

木材の加工

県産スギ材でつくった、ステキな家具であなたも地球温暖化防止に参加してみませんか。
家具は全て手作りのため、購入者のニーズに合わせて調整が可能です。お好みに応じて、寸法・色が変更できますのでご相談ください。

購買事業

組合事務所内にて林業資材、除草剤、堆肥(にっこり有機)、木炭、包丁各種、緑化木、山行苗木、林業用機械等の組合購買品の販売。